トップページ文字の大きさを変える大中小
北海道キヨスクTOP > 会社情報 > キヨスク
キヨスク
駅立地という強みを生かした事業展開。

コンビニネットワークを拡大・強化

経営の基盤となる「駅のキヨスク」のマネジメントにおいても新たな取り組みが始まっています。
キヨスクでは第二次POSを導入し、それぞれの店舖の担当者が自由にサーバにアクセスして新商品の売れ行きなどの必要な情報を瞬時に引き出せる環境を整備。お客様のニーズに迅速かつ柔軟に対応するとともに店舗の経営管理の向上を図っています。また、本社と店舗とのダイレクトなコミュ二ケーションを強化するとともに、駅のキヨスクのコンビニ化を推進し、新しいキヨスクへの転換を図っています。 2007年からは、販売スタッフの制服も一新し、女性らしいエプロンが採用されました。機能性に優れたデザインと明るい配色で、接客サービスのさらなる充実を目指しています。

すっきりした味わいが幅広い層に好評の「うらら」

地域密着型の企業として成長を続ける北海道キヨスクは、北海道らしさにこだわったPB(プライベートブランド)商品の開発に意欲的に取り組んでいます。その成功モデルが、2004年に発売以来、ベストセラーの座を保っているペットボトル緑茶「うらら」です。 「うらら」は、ニセコ山系の水を使い、低温でじっくりと抽出することによって茶葉の香りと味を引き立たぜたスッキリとした味わいが人気です。また、親しみやすいネーミングは、幅広いお客様の間に浸透しています。2009年には札幌商工会議所が認証する「北のブランド2009」にも選ばれました。 発売当初は500mlサイズのみでしたが、「飲みきりサイズを作ってほしい」「温かいうららが飲みたい」というお客様のご要望に応えて350mlサイズと「ほっとうらら」を発売し、新たな客層を広げました。


このページの先頭に戻る
北の特急便
Kitaca
恋の町札幌